裏側矯正は目立たないうえに虫歯にもなりにくかった

純チタンとジルコニア

歯科インプラント

横浜で綺麗な白い歯を入れたい人や失った歯を取り戻したいという人はインプラントの治療を受けるといいでしょう。横浜の歯科ではいろいろな素材のインプラントが使われています。インプラントの部品は大きく分けて3つあります。まず一つ目が歯茎から顎の骨に埋め込み、人工歯の土台となるインプラントです。そしてその上に取り付ける人工歯とのつなぎ役をアバットメントといいます。最後にそのアバットメントに取り付ける人工歯となっています。人の歯茎や骨に埋め込むと聞くととても恐い印象を受けますが、埋め込むインプラントの素材には主に純チタンが使われているので金属アレルギーの可能性も少ないのです。純チタンという金属は人間の骨との親和性に優れており、埋め込んで時間を置くことでしっかり顎の骨と結合してくれます。骨と強くくっつくので人工歯を取り付けたときに、まるで自分の歯のような力加減で食べ物を噛むことができるのです。横浜の一部の歯科では純チタンではなく、ジルコニアという人工のダイヤモンドが使われることもあります。純チタンがどんなに金属アレルギーを起こしにくいものだと言えども、金属であることには変わらないので人によってアレルギー反応が出てしまうのです。そこで横浜にある歯科では金属ではないけれど非常に高い耐久性のあるジルコニアが使われています。ジルコニアを用いることで、電磁波の影響を抑えたり、金属が溶け出すことを心配したり、アレルギーで悩むことがなくなるのです。