裏側矯正は目立たないうえに虫歯にもなりにくかった

薬剤や被せ物を使う

口元

歯の白さというのは見た目の美しさにも関わる大切なものです。人の前に立つことの多い人、そういった職業をしている人ならとくに歯を白くしたいと感じることでしょう。茨木にある歯医者では黄ばんでしまった歯を白くする治療を受けることができます。歯は、毎日の飲食やタバコで色が沈着してどんどん黄色くなってしまいます。例えば、ワインや紅茶、スパゲッティやカレーなど色の強い物を食べることが原因となることもあります。そうやって黄ばんでしまった歯はただの汚れや歯垢とは違うので歯ブラシで簡単に落とすことができないのです。茨木の歯医者で歯を綺麗にする方法は大きく分けて2つあり、有名なのがホワイトニングでしょう。ホワイトニング治療では歯を白くするために特殊な薬剤が使われており、その主成分は過酸化尿素や過酸化水素というものです。これらの成分が歯の表面に付いた着色物を無色透明に分解して落とすことで歯が漂白された状態になるのです。活性化水素は主にオフィスホワイトニングで使用され、それよりも少し濃度の薄い活性化尿素がホームホワイトニングで用いられます。また、茨木やその周辺にある歯医者では、被せ物を使って白い綺麗な歯にするという方法もあるのです。歯を治療した時に綺麗な白さを手に入れるのであればオールセラミックの被せ物を使うといいでしょう。オールセラミックなら自分の歯と同じような色や透明度で目立つこともありません。100%セラミックでできているので金属アレルギーを起こす心配もないでしょう。他にも茨木の歯医者ではジルコニアという人工ダイヤモンドが使われることもあります。