裏側矯正は目立たないうえに虫歯にもなりにくかった

純チタンとジルコニア

歯科インプラント

歯をなくした人のために横浜にある歯科で行なわれているのがインプラントです。インプラントでは主に純チタンが使われていますが、これは一応金属なのでアレルギー反応を起こしてしまう人もいるのです。そんな人はジルコニアで治療しましょう。

More Detail

裏側につけるメリット

歯と治療器具

歯医者で歯並びを治すというと、多くの人は歯の表側に装置やワイヤーを付けている姿を想像するでしょう。その表側にワイヤーを通している矯正方法というのは金属ブラケット矯正と呼ばれているものなのです。この金属ブラケット矯正が今に日本では一般的な矯正の治療方法で、治療期間は約2年から4年です。その数年間、歯にはワイヤーと装置を取り付けたまま過ごさなくてはいけません。長い間付けているのだからもう少し目立たないような装置で過ごしたいという人におすすめなのが裏側矯正です。この裏側矯正というものは、歯の裏側となる部分に矯正のための装置やワイヤーをつけることができるのです。そのため、人から装置を見られることなく長い治療期間を過ごすことができます。この裏側矯正の特徴は見えにくいというだけではなく、虫歯になりにくいというメリットもあるのです。普通、矯正装置を表に付けている場合は歯みがきがしにくくなり、虫歯が増えてしまうというリスクがありました。それを防ぐためにいろいろなタイプの歯ブラシで歯みがきを行なうように指導をされることもあります。しかし、裏側矯正の場合、装置は唾液に触れることの多い裏側に取り付けられています。唾液には虫歯菌の働きを抑えたり殺菌したりする作用があるので、歯みがきが難しくてもある程度虫歯を抑えられます。また、裏側矯正にすると口に加えて演奏する楽器がワイヤーに引っかかる心配もありません。演奏する人とっても便利な方法だといえるでしょう。

手術や検査の費用

診察券

熊本でインプラント治療を行なう場合は、細かく見積もりを行なってくれる歯科を選びましょう。インプラントの費用は一本で凡そ25万から40万円かかります。どんな項目でどれだけかかるのか確認しましょう。

More Detail

薬剤や被せ物を使う

口元

歯を白くしたいと思う人は少なくありません。茨木にある歯医者では歯を白くするために、活性化水素や過酸化尿素が用いられます。これらはホワイトニングの薬剤で歯の着色を落としてくれるのです。

More Detail